ホーム > 時計・腕時計

時計・腕時計

ピエール・ドゥ・ロッシェ

pierre_logo   Pierre DeRoche
  ピエール・ドゥ・ロッシェ

 

コレクション

機械式クロノグラフ界の革命。画期的なメカニズムで大型インダイヤル
1つの同軸3針(秒、分、時)でクロノ表示を行います。時計マニアにとっては
真の偉業といえるでしょう。計測された時間を瞬時に読み取ることができます。
ピエール・ドゥ・ロッシュでは、基本的な原則として「均衡」を大切にしています。
望むもの全てが共存する一方、その各々が決して張り合うことはありません。
スプリットロック・コレクションはこのデリケートな点をクリアしています。全て
の表示、様々な素材やカラーの融合をもって1つの作品が生まれるのです。
控 えめなライン、エクスクルジブなキャリバーと同軸クロノグラフは、時計の
スポーティーなイメージを決して崩すことなく調和の取れた一体となって
います。 SSでもPGといったどんなバージョンにおいても(同軸クロノグラフ、
MDA、ビッグナンバーズ)そのデザインは力強くかつ上品なタイムキーパーを
作り上 げるために、遊び心と厳格さを融合させているのです。

     pierre_img

 

エベラール

eberhard_logo

  EBERHARD&Co
   エベラール

 

EBERHARD&Co

エベラールは1919年、当時もっとも先進的技術を必要とされたシングル
プッシュボタンのクロノグラフ腕時計を発表。自動巻腕時計の開発(1930年)
の 後、1935年には2プッシュボタンのクロノグラフの開発にも成功しています。
その技術力は高く評価され、イタリア帝国海軍の将校用として正式採用され
ま した。
1939年には「ラトラパンテ」とよばれるスプリットセコンド付クロノグラフを発表。
以降次々と新技術に挑戦し革新を続けてきました。そして高級時計の国際市場
の中で確固たる地位を築き上げていったのです。
その生産の大半はイタリアの名だたるコレクターたちに供給されます。
ムーブメントはもちろん、リューズやベルト、そしてネジ一本にもオリジナルに
こだわり続けるクラフトマンシップと、限界へ挑戦する男たちへ製品を提供し
その技術水準を高めていく姿勢が高く評価されているからに他なりません。

    eberhard_img

 

ジラール・ペルゴ

girard_logo

 GIRARD-PERREGAUX

 ジラール・ペルゴ

 

HAUTE HORLOGERIE

1791年にスイス・ジュネーブ(現在はラ・ショー・ド・フォン)にて創業された
ジラール・ペルゴ。シンプルな3針タイムピースから、複雑モデルに至るま
で、高い技術力と美的感性を駆使して時計づくりを続けるこの老舗名門
ブランドは、実は日本と非常に深い関係を持っています。
時は江戸時代末期の1859年、ジラール・ペルゴの創業者一族であった
フランソワ・ペルゴ氏は、スイス時計製造協会の代表者として、日本へ
向けマルセイユ 港を出航。ところが、鎖国時代の日本で、国交のない
スイス人であった彼は入国を拒否されてしまいます。諦めきれない彼は
2年間をシンガポールで過ごしな がら好機を窺い、なんとフランスの団体
にまぎれこんで、フランス人として、ついに1861年、憧れの日本に上陸を
果たしたのでした。その後、ジラール・ペ ルゴ社の正規販売店を開設。
そう、幕末の日本人が初めて接したスイス時計は、ジラール・ペルゴだった
のです。フランソワは生涯を横浜で過ごし、1877年 43歳の若さで急逝。
現在は横浜外国人墓地の一角で永遠の眠りについています。

    girard_img.

 

ルイ・エラール

louiserard_logo

 Louis Erard

 ルイ・エラール

 

時の本質を知る伝統ブランドの新たなスタート

スイスの伝統ブランドであるルイ・エラール。
他の有名ブランドにムーブメントを提供するほどの高い技術力を背景に
流行に左右されない時計作りの本質を頑なに守り続けてきたこの
ブランドは、昨年、新 たなラインを加えて再スタートを切った。これまでも
高度な技術を包みこんだ気品あるクラシックなデザインと抜群の
コストパフォーマンスによって、使い勝手 のいいビジネスモデルとして
人気の高かったルイ・エラールだが、今回の新ライン登場でより幅広い層
の人がその魅力の虜となるだろう。
“Spirit of Time(時の本質)”をコンセプトに、新たな飛躍のときを迎えている
伝統ブランド、ルイ・エラール。時間の本当の意味や重みを知る人にこそ、
この時計の持つ価値を知ってほしい。

  louiserard_img
バルジュ社が生み出した名作ムーヴメントのなかでも歴史的な銘品といわ
れるCal.22。ピラーホイールを持つクロノグラフムーヴメントとして数多くの
ブランドに採用され、50年以上経った今でも愛好家たちの垂涎の的となって
いる。
louiserard_img02

 

ニコラ・ドゥラロイ

nicolas_logo

Nicolas Delaloye
  ニコラ・ドゥラロイ

 

ニコラ・ドゥラロイ・ギャルデ・トン

ニコラ・ドゥラロイは、ジュネーヴ生まれのウォッチ・メーカーである
ニコラ・ドゥラロイが立ち上げて間もない時計メーカーです。
はじめてのコレクションとなるスモールセコンド仕様のギャルデ・トン
(Le Grande,temps)を発表したのは2005年の11月のことでした。
翌2006年秋に完成したコレクションは伝統的なジュネーヴ・ウォッチ
に敬意を表したもので、シンプルな18Kゴールド製の大型ケースには
ゴールド・シャ トン、ウルフ・ティースの歯車、スワンネック・スタイルの
緩急針、ブレゲ・スタイルのヘア・スプリング、チラネジつきのテンワ
などを備えた手巻式ムーブメ ントが収められています。

   nicolas_img

 

Pick Up Item

ニコラ・ドゥラロイの画像
ニコラ・ドゥラロイの画像
ニコラ・ドゥラロイの画像
ニコラ・ドゥラロイの画像

アントワーヌ・プレジウソ

antoine_logo

  ANTOINE PREZIUSO

 アントワーヌ・プレジウソ

 

ミニッツリピーターやトゥールヴィヨンなどの超複雑ムーブメントを組み立てる
ことのできる歴史的な天才時計職人。
数社の高級時計メーカーにこれらのムーブメントを提供してきた”アントワーヌ
・プレジウソ”の名前はスーパーコンプリケーションウォッチ制作の第一人者
” 20世紀最後の若きカビノチェ”として高い評価を得ています。彼の卓越した
才能と技術は、ジュネーブ市が数社だけにその使用を認定している”Poince
de Geneve”(ジュネーブシール)のメンバーの内の一人であることにより
証明されています。
    antoine_img

 

ジャン・ピエール・レピーヌ

1btn_google

 Jean Pierre Lepine

 ジャン・ピエール・レピーヌ

 

スイス-フランス間の国境に位置するジュラ渓谷は古くから多くの
アルチザン(伝統職人)を輩出してきました。この地ではカビノチェ
と呼ばれる時計職人たちの手により多くの 高級機械式時計が作
り出されています。ジャン・ピエール・レピーヌの工房は、このジュ
ラ渓谷のフランス側の麓、サン・リュピサンにあります。 フランスの
エスプリと独特の世界観を表現するジャン・ピエール・レピーヌが
構想 から3年の歳月を経て、深海の世界にインスピレーションを
得た時計、ベラーラを作り出しました。
ムーブメントはジャン・ピエール・レピーヌの旧友の有名時計師が
カスタマイズしたものを使用、オリジナリティー溢れる可動式ラグ
やケースはジャン・ピエール・レピーヌ自身によりひとつずつ
手作りで作られています。
jeanpierrelepine_img

 

PAGE TOP